2020年5月31日日曜日

今週末も 矢作川上流渓流釣行





先回は先週の22日、金曜日に訪れた県内は矢作川の上流、
三密を避けてわざわざの平日、有休を頂いての釣行でした。


行く前は正直なところ、
お外道様もしくは小アマゴさんが遊んでくれれば良し、
とにもかくにも静かな山奥の綺麗な流れ、
そこで癒しが得られれば吉の吉。

そんな気持ちで出かけたのですが、
意外にも良いサイズのアマゴさんのお相手が頂けました。


・・・最後に竿を収めた、激しい落ち込み後の淵。
相も変わらず、ドタバタなお作法は小生の渓流道。
小さな小さなお外道様で締めくくりました・・・

絶対にまだ、あの淵にはオオモノがいるハズ!!
そんな思いと「またぎ」はご法度な今のご時世、
捲土重来は奥三河、今週末も行って参りました。



<残念、淵には先客が>

旧R153の洞門を抜けた駐車帯、
土曜日の本日は既に豊田ナンバーの黒いワンボックスが。

「あっちゃ~、ヤラレたな、こりゃ」

落差のある旧国道から矢作川を覗き込むと、
巨岩地帯にはフライさんが既にお取込み中です。

先週、この川底が巨岩でできたポイントはペケでした。
その少し上流で川は中州を形成しています。

素直に旧国道沿いに流れるルートと、
対岸は中州の向こう側、樹木を分け入った厄介なルートの二手に。
小生が望む淵は樹木を分け入った向こう側です。

・・・問題はこのフライさん、果たして「素直」か?「天邪鬼」か?
旧国道から高見の見物、
タバコを吹かしながら、フライさんの進む道、成り行きを見守ります。

「頼む!素直なお方で、あってくれ・・・」
祈る気持ちでタバコをスパスパ、早くも二本目に火をつけて。

と!
残念、気が付きませんでしたが、フライさんはどうも二人組のようで、
先行の一名が投げる太いラインが樹木の向こう側から見え隠れ・・・

ちっちのち!
今日は他のポイントを探すとしましょう。



<行き当たりばったりの大淵>

R153を根羽方面に進みます。

もう少しで県境の駐車帯、
そこにはお一人、ご老体のご同輩がお着換え中です。
流石に週末の土曜日です、本日は千客万来の感がします。
お邪魔にならないよう、稲武方面に少し戻って。

えいや!の飛び込みは、適当な駐車帯にハスラー号を留めて、
ガードレールの隙間から矢作川に入川です。

樹木を分け入り、現れた矢作川・・・


入渓ポイントの目の前に広がるは、朝日で輝く見事な大淵。


・・・幼かったころのヒロくん(小生です)は、
先ほどのフライさんと違い、とてもとても素直でした。

そのヒロくんも人並みに、人生や年月を重ねるうちに、
少しずつ少しずつ、知恵や経験を重ねて立派な?中年オヤジに。

人は知恵や経験が身につくと、真正面からではなく、
物事を斜め横から、斜に構えて見てしまうものです・・・

「いきなりの飛び込みで入った場所が、これ見よがしの大淵って?
 ンなモン、釣れるわきゃね~だろ!
 世の中、そんなうまい話があるモンか、トロくせ~!」

・・・人生・年月を重ねると、言葉も悪くなりますね。
幼稚園に通い出した甥っ子を見ていると、まさに・・・


神に見放された今週末の粗忽者は、それでもこの淵の際で糸を結わえます。


「これは、まぐれじゃて、まぐれ!」


「いやいや、世の中、そんなハズは・・・」


「いや、しかし・・・」


「・・・ひょっとして、神さまって、ほんとに居るのかも」

人生を斜に構えるオヤジ、
その病んだ心を悔い改めさせる清流 矢作川です。



<生きているルアーに反応>

何なんでしょう、この大淵は??もうポコポコの釣果。

ミミズのエサに淵底でアタリが。
暗い淵底でキラリ、掛かったお魚の銀影が翻ります。
そのお魚を引き込むと、その後を追いかけて、新たな銀影が3つ4つも。

それはまるで、掛かったお魚がルアーでもあるかのように・・・

ここは管釣り場かいな??
神さまの思し召し、大当たりの大淵です。


しかし、そんなに多くのお魚がいる大淵でも、
振り込めば必ずヒット、という訳でもなく。

「エサがミミズだけでは・・・よし、川虫を採ろう。」

淵から流れ下る分流で川虫を採ります。


まま、斯様な小さなお魚も川虫と一緒に。


さあ、がんばってちょ~だいな、川虫ちゃん。


う~ん、思った通り!



<ポイントが大事な矢作川?>

ひとしきり、この大淵で粘ったのち、
と言っても、気が付いたら既に11:00前でした。

いえ、実は・・・
お魚をリリースする際、ジャケットのポケットを閉め忘れ、
しゃがんだ拍子にプライヤーを淵にドボン、それを取るのに一苦労。

淵の対岸に行くため矢作川を渡河、一旦、竿を仕舞う際に糸絡みを。
その渡河も押しのある矢作川の流れです、慎重に、慎重に・・・

今週末も粗忽者は、本業以外に大きく時間を取られました。


大淵から下流にさかくだり、
R153の橋の下でもがんばったのですが、そこで挙がるはお外道様ばかり。


先週と今週の様子より、良いポイントを抑えると、結果、よろしいようで。
・・・矢作川に限らず、そりゃ、どこでも一緒かな?


でも、それからすると小生、先週・今週と、とてもラッキーでした。



まだまだ自粛すべきは新コロナです。
宣言・移動が解除されても、これまでのようには行きませんね。
注意・配慮を重ねながら、それでも、それなりに楽しめられれば、かな?

仕切り直しは再出発、細々と旅は続きます。





<データ>
5月30日 矢作川 
エサ    :川虫、ミミズ
竿     :7.0m  渓峰尖 
仕掛    :・針 吉村7号 
       ・錘 1号
                   ・天井糸 0.6号 1.5m 水中糸 0.3号 4.5m
釣果    :アマゴ 26cm 1匹(お持ち帰り)
           7寸   3匹
           6寸   6匹
       アブラハヤ5寸   2匹
気温    :14~20℃ いい気候です
天候    :晴れ後曇り
表層水温  :16℃












3 件のコメント:

  1. こんばんは!
    素晴らしい釣果に恵まれましたね!
    上矢作でも釣れるのだと感心しました・・・。
    奥三河の渓流も捨てたもんじゃないですね。
    さて、私ですが、今シーズンの釣り・・・だけではなく、今後の釣りにも大きな影響を及ぼす状況になってしまいました。
    今シーズンは、絶望的ですが、何とか来期には復活できることを願うばかりです。
    詳細につきましては、落ち着いた時点でブログにアップさせて頂きます。

    返信削除
    返信
    1. アサシンさん、こんばんは。
      いつも暖かいコメントをありがとうございます。
      ・・・委細は判りかねますが、のっぴきならぬ状況とご推察を申し上げます。
      何はともあれ、お大事になさってください。
      おっしゃる通り、落ち着かれましたら、またお話を頂ければ。
      僭越かつ恐縮ですが、いい方向に事が進まれることを、今はお祈り申し上げます。

      削除