2020年6月28日日曜日

梅雨アマゴは気分屋さん?~小坂川渓流釣行





「う~ん、今週末は久しぶり、こりゃ、ボ~ズかも・・・」

先週の石徹白川と同じく、年に1~2回しか来られない、ここ小坂川です。


昨夜は道の駅 はなもも にて車中泊、星空がとてもきれいな一夜でした。
せせらぎを枕にしての一泊・・・渓流釣師には乙なものです。

翌早朝、曇り空ですが雨の気配は感じられません。
いつものように赤沼田から林道を分け入り、藪を漕いで降り立った小坂川。


今年はその林道もぬれ落ち葉が重なり、道中の小道も蜘蛛の巣がたくさん。
様子からして、ここ最近は誰も訪れていない感じでした。
期待して釣り糸を垂れ始めたのですが・・・



<さわやかな初夏の小坂川>

降り立った正面はいつもの岩盤壁の直下、振り込みを繰り返せどもアタリ無し。


それから下流に向かい、少しずつ移動しながら、仕掛けを流します。

・・・落ち込み、岩裏の流れ、対岸は樹木下。
いつもなら結果に繋がるポイントを、丹念に、丹念に。

しかし、不思議なことにもアタリすらなし。
とうとう、これ以上は下れない、小坂の街並みを望む絶景ポイントに。


激流は落ち込みの向こう側、下り続ける小坂の激しい流れ。
遠方に白雲と青い山々、手前に鮮やかな色調は民家の屋根。
このポイントでは、これまで以上に粘ったのですが・・・

タバコを所望しながら、さて、一人作戦会議です。

「さあ、困ったな。
 小坂川は諦めて新規開拓、支流は大洞川、濁河川に逃げ込もうか?
 いずれにしても、まずは取って返して、降り口まで戻るか・・・」


後ろ髪を引かれながらも、今来た河原を引き返します。

・・・往生際の悪い小生です。
これから装備を収め、長い林道を退渓、車を運転して・・・を考えると、
どうしても、つい一時間ほど前に探りを入れたポイントへ、
ダメ元を承知で仕掛けを振り込んじゃいます。
 


<一体全体、何が、先ほどと違うのか・・・??>

エサはブドウ虫。
浅瀬に立ち込んで10m竿をブ~ン。
投入ポイントの狙いは、落ち込みの流れが直撃する岩盤壁の直下です。

・・・小生のお好みは短手尻。
10m竿に9mの糸、ポイントは外しませんよ。

直下の直撃流は複雑な流れ、それに揉まれて仕掛けはオロオロ。
時間稼ぎ、見えはしませんが、仕掛けは沈下。
良い頃合いで流れ始めます。

細糸0.3号ですが重めの錘、川底を撫でる手応えが微かに。


流れ下る目印が真横を通過、立ち位置より下流は川中央の岩、
その手前を通り過ぎるころ・・・

!!アタリです、待ちに待った!!

アタリと同時に伝わる手応えは良いサイズ!
いや、こりゃ、大きいわ!

中央の岩の手前を下流へ、そして上流へ。
川底のえぐれ、その一番深いポイントにピタリ、定位します。

川の流れも相まって、ずっしりと重たい手応え。
マズいな、こりゃ、糸が切れちゃう・・・

少し強引ですが、竿をより立てて、走らせ浮かせます。

浮いたところを水面をコロがし速攻!
たも網は間に合いません、もう岸に打ち上げます。


河原で砂にまみれたアマゴさん、たも網ですくって川で洗います。



小生のチンケなたも網は27cm枠、それから頭が少しだけ出ちゃう9寸超え。
・・・う~ん、良い面構えをしています。


しかし、このポイント、朝一番で流しに流した場所です。
ナゼに今になって釣果が?

朝一番と今で違うこと・・・何だろう??
・朝は薄暗く曇り空、今は日が差す日光
・お仕事でお疲れ気味、梅雨アマゴは朝寝坊??
・いや、単に家内と一緒、ツンデレの内弁慶なだけ!?


その後も先の川中央の岩、その向こう側の緩めな流れから・・・
この子も良いサイズ、「抜き」は叶わず、コロがしの打ち上げで。


もちろん、朝二番くらいで、この岩裏も探りを入れていました。
不思議です、何が一体、違うのか??


<これが梅雨の小坂川>

これなら本日、期待が持てます、小坂川。
何が起因かよくわかりませんが、一人作戦会議の案は却下です。

ここで、小坂川で、本日は粘ることに。
小坂川を赤沼田の集落に向けて、えんやこら、さかのぼります。




この川いっぱいに広がる深場。

押しの強い小坂川、淵にしては流れがあり、表層にはゆらぎが。
仕掛けを通すと判ります、川底にも良い速度でしっかりと。


長竿の長所を活かして、対岸の上流へ遠投、下流はギリ一杯での引き上げ。
その長~い流しの区間、喰いのポイントは2つ3つと。

・・・そこで、良いサイズが連チャンでした。




小生の広げた手の平は20cm、それに満たないサイズは即リリース。
それでも、これまたチンケな容量の小生の友舟は満員御礼です。


アマゴさんの三密状態、これはイケませんね。
新コロナ対策から、小さいものから順に、強制下車を頂く始末でした。



5年前の6月に初めて訪れた、ここ小坂川です。
それから毎年、今の時期か秋口での訪問を。
今回はその中でも、良いサイズの揃い具合は一番の釣果でした。

・・・そういえば最初の訪問時、あの時も前半の朝一番はサッパリ。


きっと中年の小生と同じく、2~3年物の良いサイズはアマゴさん、
老眼の近眼で朝の暗い間はエサが良く見えなかったのでしょう!?


川から上がり時間は正午。
お昼ご飯を頂いて、都合3時間の下道運転、帰路につきました。



<データ>
6月27日 小坂川
エサ    :ミミズ、ブドウ虫
竿     :10m SG ロング
仕掛    :針 吉村7号
       錘 3B号
       天井糸 0.6号 4.5m
       水中糸 0.3号 4.5m
釣果    :アマゴ 29cm、28cm 各一匹 
           8寸   2匹
           6~7寸 3匹
           小アマゴ 数匹
気温    :16~25℃
天候    :曇りまま晴れ
表層水温  :16℃













4 件のコメント:

  1. こんばんは!
    素晴らしい釣果ですね!
    ある時間から突然、釣れ始めることは良くありますね…多分、寝てるだよね、魚たち!
    今後も期待しています!

    返信削除
    返信
    1. アサシンさん、こんばんは。
      いつもコメントをありがとうございます。
      気分屋のアマゴさんに対して、お仕事でお疲れ気味・・・それ、実は小生なんです。
      会社は会社、家でもツンデレ・内弁慶に振り回されて、癒しの時間は土曜日の午前のみです。
      朝の渓流は気持ちが良いのですが、アマゴさんのご機嫌斜めが分かっていたら、もう少し、車内で寝ていたかったです。。。
      お天気次第ですが、来週末も、がんばります!

      削除
  2. こんばんはご無沙汰してます。好釣ですね!
    自分も同じ経験した事あります。
    500メートルぐらいの区間全くアタリなし、でも絶対いいポイントと信じて往復してツ抜け。
    三月末だったので水温の関係と思ってましたが今の季節もあるのですね!

    返信削除
    返信
    1. オロロンさん、こんにちは。
      お久しぶりです、コメントをありがとうございます。
      同じようなご経験をお持ちですか、ほんと、不思議ですね。
      時間差もあまりなく、今回は日差しかな?と思っています。
      早くもシーズン後半戦ですが、これからは日差しも厳しくなります。
      体調にはお気をつけて、がんばりましょう!

      削除